新人教育に導入?ビジネスマナー講座

みんなでビジネスマナーを学ぶ

>

どんなことを習得できるのか

誰とでも関われるようになる

目上の人とコミュニケーションを取る際は、敬語を使う必要があります。
しかし新入社員の多くは、敬語の使い分けができていないと言われます。
敬語の中でも、尊敬語や謙譲語などの種類があります。
どんな時に、誰に対して使い分ければ良いのかしらないでしょう。
早めに、敬語の使い分けを理解させなければ取引先の相手とトラブルを起こしてしまいます。

大学の時に、敬語やマナーを勉強したという新入社員が見られます。
しかしその際に習ったことが、間違っているかもしれません。
学生の時と社会に出てからでは、常識が異なる場合も多いのでビジネスマナー講座で勉強した方が良いです。
敬語を使い分けることができれば、誰とでも会話できるでしょう。

メールの書き方を学ぼう

取引先の相手と、メールでやり取りをすることが多いです。
その時に正しい書き方を知らないと、メールを作成するだけで時間が掛かってしまいます。
ビジネスマナー講座で、メールの書き方も勉強できるので、新入社員を参加させてください。
早くメールを完成させることで、余計な時間を短縮できます。

文面を長い時間考えなくても、組み立てられるようにならなければいけません。
さらに電話対応の仕方なども、ビジネスマナーで習得できます。
新入社員が電話対応をすることが多いですが、正しく対応できないと、会社全体に印象が悪くなります。
評判が、下がらないように注意しましょう。
どんな仕事でも任せられるように、新入社員を教育してください。


この記事をシェアする
TOPへ戻る